about

自分の写真
Japanese psychedelic rock band. FUKUOKA Rinji: vocals, guitar YAMAZAKI Taiga: guitar Louis INAGE: bass MOROHASHI Shigeki: drums

9.30.2022

NEW RELEASE: 6 bodies 60 minutes 6 months 2017~2020


The compilation album released to commemorate the 10th "6 bodies 60 minutes 6 months" event held regularly at  "club Doctor" in Ogikubo. The album features a total of 12 groups, including the great Kan Mikami and The Hundred Devils, authentic rock, psychedelic, noise, free music. Over 78 minutes. The event is the 3-days event held every 6 months with 6 groups, each 60 minutes long, led by Rinji Fukuoka (Pataphysique Records), Masami Kawaguchi (Purifiva), and Lazy Masa Yamazaki (eyeeliner).

お上品なクラシックの街と呼ばれる荻窪にあるライブハウス「OGIKUBO club Doctor」にて、定期的に開催されているイベント「6 bodies 60 minutes 6 months」開催10回を記念して発表されたコンピレーション・アルバム。大御所の三上寛、The Hundred Devilsをはじめ、オーセンティックなロックにサイケデリック、そしてノイズにフリーミュージック、はたまたたった一人での弾き語りまで、全12組収録、78分超え!
同イベントは、福岡林嗣(Pataphysique Records)、川口雅巳(Purifiva)、山崎怠雅(eyeliner)を中心に、6組、各60分、6カ月ごとに3daysイベントとして開催。

こんな素敵な音楽達を「裏取引」しませんか? 膨大な熱量をまとめ上げた魔術は、福岡林嗣が担当。

9.14.2022 ON SALE
artist: V.A.
title: 6 bodies 60 minutes 6 months 2017~2020
format: CD
label: BeeRoseCrossRECORDS
number: 3BR-112
price: 2200yen


1. 魔術の庭 / Guignol’s Band
2. バラナンブ / 五月の差異
3. 川口雅巳ニューロックシンジケイト / Magical Girl
4. チンポコズ / Diamond Rock’n’ Roller
5. Albedo Gravitas / Untitled 19
6. 鳥を見た / God Bless You
7. ナスカ・カー / やめちまえ77(No!No!No!No!No!!!)~NOTV(Is The World a Slave of Television?)
8. ASTRO / Summertime 666 - 20180815
9. The Dead Pan Speakers / Fill Me Up
10. 疎水響 / 眷士天幤
11. The Hundred Devils / 銀の鳩
12. 三上寛 / 甘丹香草



2.27.2022

May 27, 2022@Higashi Koenji U.F.O Club







































●PATAPHYSIQUE RECORDS PRESENTS
527 1894 to 2022 128th time anniversary of Louis Ferdinand Céline  “Voyage au bout de la nuit pandémique” 
ルイ・フェルディナン・セリーヌ生誕128周年記念
“夜の果てへの差別(ケジメ)の旅”
3組6人の音楽家と狂演する鈴木創士キーボード弾きまくりDay!

2022年5月27日(金)@東高円寺UFO CLUB
開場19:00 / 開演19:30 前売 ¥3000 / 当日 ¥3500 共に+drink
“気狂いソナタ”
タバタミツル (G), 福岡林嗣 (Vl)+鈴木創士 (Kbd)
“電子星雲の粋”
森田潤 (Modular Synth)+鈴木創士 (Kbd)
“Rock ‘n’ Roll !Niggers ! ”
魔術の庭 [福岡林嗣 (Vo, G), Louis 稲毛 (B),モロハシシゲキ (Ds)]
+ヒグチケイコ (Vo, Electronics), 鈴木創士 (Kbd)

鈴木創士  So-si Suzuki
EP-4のキーボーディストにして仏文学者。70年代より諸芸術ジャンルを横断して活動する。今回ライブは、そのミュージシャン側面の全面的開示であり、昨年より始まった魔術の庭、福岡林嗣との音楽的=文学的コラボレーションの第一弾である。EP-4 “Multilevel Holarchy” 、Children Coup D’Etat “Fear Of Liberty”にキーボードとして参加、現在もEP-4 unitPとしてライブ活動を行う。創作小説として“A・アルトーの帰還”、“離人小説集”、“うつせみ”、前記A・アルトー、J・ジュネ、A・ランボー他、仏文学の翻訳等著書多数。直近では2022年1月”連合赤軍 – 革命のおわり革命のはじまり”を編纂刊行した。

タバタミツル Mitsuru Tabata
京都出身。 82年より音楽活動開始。 これまでのいづんずり / Boredoms/ Leningrad Blues Machine / YBO2 / Acid Mothers Temple /ガセネタ/ザ・スターリン関係など、常に日本のアンダーグラウンドの重要バンドで活躍しつつ、海外ツアー、多数のセッションも精力的にこなし、自宅録音によるソロ・アルバムも国内外のレーベルよりリリースしている奇才。現在はZZZoo、20Guilders、RQRQなどのグループで活動。

森田潤 Jun Morita 
DJとしてワールド・ミュージック、ジャズ、エレクトリック・サウンドに幅広くコミット。同時にモジュラー・シンセの自動演奏に即興を組み合わせたパフォーマンスでライブ活動中。EP-4佐藤薫のφononよりソロ作品、モジュラー・シンセ・コンピ、女性vo作『Madam Anonimo』を発表。21年は芥正彦プロデュースによる24時間演奏が話題に。また、レア・ヴァイナル復刻のエンジニアとしてアフリカ音楽などに携わる。宇川直宏とのGRAVESTYLE、山崎春美のTACOにも参加中。バンド編成のOmega f2;kは欧州で発売。

ヒグチケイコ Keiko Higuchi
身体、声、呼吸のつながりを探求し、即興からジャズまで幅広くこなすボーカリスト。アメリカ・ボストンにて活動開始、'98年に帰国以来、多くのライブやダンス・演劇、作品集に参加。過去には写真や執筆を発表。現在も国内外のミュージシャンとのコラボレーションやソロでのなど、活動は多岐に渡る。2022年初頭米国Black Editionより最新ソロアルバム発売。

魔術の庭 majutsu no niwa
ロックの最後衛にして保守反動。2008年以来6作のアルバム発表。コンピ盤等への参加多数。各メンバーとも領域横断的に様々な活動をバンド外でも行っている。福岡林嗣 Rinji Fukuoka (Vo, G, etc)、ルイス稲毛 Louis Inage (B)、モロハシシゲキ Shigeki Morohashi (Ds)



Voyage au bout de la nuit pandémique 27 mai 2022 au UFO CLUB from Pataphysique Records on Vimeo.


ルイ・フェルディナン・セリーヌことデトゥーシュ医師生誕から128年目…バイ菌蔓延惑星では…

「あたりまえの話しだが、不良は不良行為に習熟しているものである」
「不良が不良品を売ってはならないことは鉄則である」

 鈴木創士“文学の泥棒について”「分身入門」より

 2022年5月27日…ここに今日、とんでもない不良品を売っちまったヤブ医者が生まれてから128年目の日を迎える…全くこの阿呆なCOVID-19馬鹿騒ぎにピッタリじゃないか?…この自称「魂の医者」は…「衛生的」で「バイ菌嫌い」で…こいつが売っちまった「不良品」って?ズバリ答えてやるさ、「生物学的人種主義」にして「反ユダヤ主義」のことだよ…どうだい?ホントピッタリだろ?今のこの世相に…ブラックライブズマター?ああ、そんなもん当然だろう?…まだまだ可愛いけどな…もっともっと燃え盛らなきゃな…なにもない背景となり焔と化すまでな…この世界中、病んだ惑星のファシスト連合体すべてが燃え尽きるまでな…

 だがな、このとっくにおっ死んだ爺さんは、1932年に始まった「夜の果てへの旅」以来90年に渡って世界中の異端文学、アンダーグラウンドミュージックの徒輩を呪縛し続けてきたのも歴然たる事実なのさ…生田耕作…ロジェ・ニミエ…フィリップ・ソレルス…ビートニク達…間章…阿部薫…鈴木創士…そして不承俺、福岡林嗣…エトセトラ…エトセトラとな…

 さあ、セリーヌさんよ…キッチリと「差別」をつけてやるぜ!俺と鈴木創士とでな…結局アンタは「不良」になり損なった、ただの計算高いヤブ医者さ…不良の土性骨を今こそ見せつけてやるぜ!…たとえアンタみたいな輩供にいつまでも「バイ菌」扱いされようともな…

 まさに現出してしまっている“ルイ・フェルディナン・セリーヌのロックンロール黄金時代”…魔術の庭は、近いうちに同名タイトルの音盤を、セリーヌアンソロジーを含む日英仏三ヶ国語豪華ブックレットを付して世に問うことを宣言する。そしてここにそのアンソロジー編纂者にして我が「同志」…分身の術を世に伝える驚くべき人間多面体…EP-4のキーボーディストを始めとした音楽家にして、フランス文学者の鈴木創士氏を迎え、その音楽面すべてをご披露するライブを執り行なう。

 お披露目するのは…

“気狂いソナタ”発狂したバロック音楽の今日的解釈と…
“電子星雲の粋”モデュラーシンセの迷宮からの宇宙旅行…
 そして…
 最後はやっぱりこれ“ロッケンロー”さ!
 どうぞ、鈴木創士の音楽世界、それと交感し合う各共演者の「焔と化す」音響そのものを最後までとくと御覧下さい。

 しかし
 火が薪と もう 一つに溶け合うしかなくなり
 火が薪に 火それ自体の性質を 伝えるまでは
 薪も火も いかなる熱
 大きかろうと 小さかろうと
 …のなかにも
 いかなる 類似のなかにも
 平穏も 満足も 休息も 見出すことはない…

 ギー・ドゥボール 映画「スペクタクルの社会」より 木下誠訳

 魔術の庭 福岡林嗣


※COVID-19の感染状況により開場 / 開演時間が変更になる場合があります。

お問い合わせ
UFO CLUB
166-0003 東京都杉並区高円寺南1-11-6 ハーモニーヒルズB-1F
03-5306-0240
https://ufoclub.jp/

12.12.2021

Rinji FUKUOKA, Louis INAGE, Makoto KAWASHIMA@Koenji Fourth Floor Ⅱ




 



































●Rinji FUKUOKA, Louis INAGE, Makoto KAWASHIMA@Koenji Fourth Floor Ⅱ
2022年1月8日(土)@高円寺Fourth Floor Ⅱ
19時開場 19時30分開演
予約¥2500 / 当日¥2800+1drink
福岡林嗣 (Vo, G, Vl from魔術の庭), ルイス稲毛 (B from魔術の庭), 川島誠 (A-Sax)

福岡林嗣による、フランス文学者(A.アルトー、J・ジュネ、A・ランボー他翻訳多数)にしてEP-4のキーボーディスト、鈴木創士作詩「帝国は滅ぶ」(2016年12月アナキスト雑誌「HAPAX6」掲載)鈴木氏本人による改訂版の朗読あり。

Fourth Floor Ⅱ
東京都杉並区高円寺南4-6-7 シェ・ヌープラザ 第5日東ビルBⅠ
予約 / 問合せ fourthflooronline@gmail.com
喫煙OK

すべてのホモ・サケル (剥き出しの生を生きる者)達に告ぐ

俺たちはけっして働かないだろう...

俺、福岡林嗣は川島誠であってルイス稲毛であってVincent Guilbertでもあり、そして鈴木創士でもある。
アルトーがドゴンの強度のみの卵の中を遷移するように...
ミメーシスの乱反射が主体を粉々に打ち砕いて行くように...
このミメーシスが「物真似」に堕落するようであれば、それはバロウズ言うところの「ラタ」と転じ、ひたすらに惑星的ファシズム体制を強化するのみの強迫的反復行為とも転じ、悪夢の永劫回帰が延々と繰り返されるであろう。
器官なき充実身体と化し、そこを光速で遷移し、すべてを二項に分つ「否定性」を消し去れ!
そして真っ白な... 電離の果ての「焔」そのものと化してすべてを肯定せよ!
ホモ・サケル達の反乱の時は、そのようにして「一瞬」の間に到来するであろう。
このようにして...

南方航空機会社 (シュッド - アヴィアシオン) のナント工場は、10日前からナントの学生と労働者によって占拠され、運動は今日、多くの工場に広がっている。
( NMPP - パリ工場、ルノー - クレオン工場ほか )この現状に鑑み、ソルボンヌ占拠委員会は、フランスのすべての工場の即時の占拠と、そこでの労働者評議会の結成を呼びかける。
同志諸君、このアピールを可能なかぎり早く配布し、複製せよ!

“ソルボンヌ、5月16日、15時”

2月25日以降、無数の奇妙な学説 (システム) が革新的思想の精神から猛烈な勢いで走り出てきて、群衆の荒れ狂った精神の中に捲き放たれた . . .
まるで、革命の衝撃によって、社会そのものが粉々に砕け散り、その場所にこれから打ち立てようとしていた建物に与えるべき新しい形式を皆で競っているかのようだった。
誰もが自分の計画を提案していた。
ある者は新聞で、ある者は張り紙でそれを提案し、そうした張り紙はすぐに壁という壁を覆い尽くした。
野外で、言葉を使って提案する者もいた。
財産の不平等をなくすことを主張する者もいれば、知識の不平等をなくすことを主張する者もいた。
さらには、不平等の中でもいちばん古いもの、すなわち、男女の不平等を均そうと試みる者もいた。
貧困に対する特効薬や、人類が存在して以来、ずっと人類を苦しめてきた労働という病に対する薬を教える者までいた。

トクヴィル
“回想録”

G・ドゥボール作映画 “スペクタクルの社会”より引用の引用

俺たちはけっして働かないだろう...

さあ...もう能書きもパンデミックもうんざりだろ?
そうさ…もう…これ以上我慢できるはずもないよな?…
だったら?… こいつももう一つの感染、パンデミックさ...
現代の「ペスト」COVID-19大噴火の火山の下...

さあ、音楽だ!

2021年12月12日 Memories of Fire “R”




4.29.2021

video: Majutsu no Niwa / Le Fantôme de la Liberté Remix Version 2020

 Majutsu no Niwa uploaded new movies.

魔術の庭
自由の幻想Remix Version 2020
冥界のジハーディ ジョンかく語りき  
次回作アルバムより先行公開

Majutsu no Niwa
Le Fantôme de la Liberté Remix Version 2020
Also Sprach der Jihadi John

YouTube


vimeo

10.23.2019

video: Majutsu no Niwa 16th October 2019

Majutsu no Niwa uploaded new movies.
One of them is dedicated to Larry Wallis who passed away the other day.

R. I. P. LARRY WALLIS

Raceway by majutsu no niwa
club Doctor Ogikubo Tokyo
16th October 2019

YouTube


vimeo

R. I. P Larry Wallis majutsu no niwa -Raceway- from Pataphysique Records on Vimeo.

魔術の庭 -ドテッパラ- majutsu no niwa -Doteppara-

Live at club Doctor Ogikubo Tokyo
16th October 2019

YouTube


vimeo

魔術の庭 -ドテッパラ- majutsu no niwa -Doteppara- from Pataphysique Records on Vimeo.


8.28.2019

Majutsu no Niwa one-man GIG OCTOBER 16, 2019@Ogikubo club Doctor

Pataphysique Records & club Doctor presents
OCTOBER 16, 2019 (WED) @Ogikubo club Doctor
Théâtre Mercredi Ogikubo Vol.9
Majutsu no Niwa One man GIG
guest: SACHIKO
OPEN 19:00 START 19:30 ADV2000yen DOOR2300yen +1drink
Part 1:Majutsu no Niwa + SACHIKO(violin)
Part 2:majutsu no niwa




Majusu no Niwa  魔術の庭
17年の歴史を刻んだ前身、OVERHANG PARTYの灰の中から誕生したRock Band。その音楽性は、静謐な唄から大音響のハードサウンド、到達点不明のドローン、インプロヴィゼーションまで極端な振幅を孕み、永遠のRockn’ Roll Theatreを現出させ続けている。
リーダーの福岡林嗣は2015年自身のレーベルPataphysique Recordsを再始動させた。国内外のレーベルより現在6作のアルバムをリリース、3作のコンピレーション盤に参加している。Rockの後衛もしくは保守反動。2018年欧州ツアーを敢行。



SACHIKO
光束夜、OVERHANG PARTYのベーシストとして参加する傍ら、ヴォイスとエレクトロニクスによるドローンを主軸としたソロユニットをはじめる。06年ファーストアルバムを発表後、コンスタントにリリースを続ける。他に「VAVA KITORA」「Tangerine Dream Syndicate」「Albedo Fantastica」等で活動。レーベル「Musik Atlach」主宰。



PATAPHYSIQUE RECORDS
http://pataphysiquerecords.tumblr.com/

5.13.2019

video: Majutsu no Niwa Europe tour 2018

Majutsu no Niwa uploaded the new movies last year's Europe tour.

Part1.





魔術の庭 majutsu no niwa -Europe 2018 part1- from Pataphysique Records on Vimeo.

Part2.




魔術の庭 majutsu no niwa -Europe 2018 part2- from Pataphysique Records on Vimeo.

majutsu no niwa European 2018

Geneva – 04 NOVEMBER
Cave 12, Rue de la Prairie, 4, Geneva 1202
https://www.cave12.org/

Lyon – 05 NOVEMBER
Ground Zero, Lyon 56-60 avenue Bohlen, Vaulx-en-Velin 69
https://www.grrrndzero.org/

Bruxelles – 07 NOVEMBER
Ateliers Claus, Rue Crickxstraat 13, 1060 Bruxelles  
http://www.lesateliersclaus.com/

Strasbourg – 08 NOVEMBER
Diamant d'Or
https://azqs.com/lediamantdor/

Chalon-sur-Saône -09 NOVEMBER
‌La Méandre
http://lameandre.org/

Metz – 10 NOVEMBER
Mediathèque du Pontifroy MEDIATHÉQUE DU PONTIFROY
1 place de la Bibliothèque, 57000 Metz
http://bm.metz.fr/iguana/www.main.cls...

London – 12 NOVEMBER
Cafe Oto, 18-22 Ashwin St., London E83DL
https://www.cafeoto.co.uk/

3.22.2019

Majutsu no Niwa MAY 3, 2019 (FRI) @Ogikubo club DOCTOR

ロックに戻りロックを葬り去れ!... そいつは永遠に回帰する
FUKUOKA RINJI Experimental Factory Vol.5
Back to Rock Bury the Rock !... Ewig Wiederkehren
MAY 3, 2019 (FRI) @Ogikubo club DOCTOR
open 18:30 start19:00 adv 2000yen door 2500yen
BaraNambu / Majutsu no Niwa
バラナンブ (南部輝久 Ds, 藤井政英 Vo・G、 山崎怠雅 B,Cho)
魔術の庭 (福岡林嗣 Vo・G, ルイス稲毛 B, モロハシシゲキ Ds)





BaraNamb バラナンブ
2017年、60年代から連綿と続く「日本のロック」を正統に継承すべく結成。 ハードロック、グラムロック、そしてニューロックを日本語の歌詞で奏でる。 メンバーはYBO2からキャリアを開始し数々のバンドを渡り歩いた藤井政英(Vo,G)、主にAural fitで活動し、水晶の舟など東京アンダーグラウンドでの活動を続ける南部輝久(Dr、魔術の庭、The Silenceや灰野敬二のThe Hardy Rocks等で活動する山崎怠雅(B,Cho)。


Majusu no Niwa 魔術の庭
17年の歴史を刻んだ前身、OVERHANG PARTYの灰の中から誕生したRock Band。その音楽性は、静謐な唄から大音響のハードサウンド、到達点不明のドローン、インプロヴィゼーションまで極端な振幅を孕み、永遠のRockn' Roll Theatreを現出させ続けている。 リーダーの福岡林嗣は2015年自身のレーベルPataphysique Recordsを再始動させた。国内外のレーベルより現在6作のアルバムをリリース、3作のコンピレーション盤に参加している。Rockの後衛もしくは保守反動。2018年欧州ツアーを敢行。

1.05.2019

video: Majutsu no Niwa “God Save The Monju” at Cafe OTO London on 12 Nov 2018

Happy new year 2019 from Majutsu no Niwa.

majutsu no niwa played “God Save The Monju”
at Cafe OTO London on 12 Nov 2018
We wish you prosperity and happiness !

VIVA !




魔術の庭 majutsu no niwa “Happy New Year”- God Save The Monju from Pataphysique Records on Vimeo.